サラ金の怖さ、と言うよりは借金の返済に関する怖さですが、一番の問題は「今お金がないから」借金をするわけで、相談せずに返済しないといけないことをつい忘れるという点ではないかな? 普通に考えると、元々が返済計画のない場合が問題ですよ。例えば一時的にお金がショートした(足りなくなって)けど、年末に成れば賞与が入ってくるので、それを返済に充てる事が出来る、なんて場合には問題ありません。

 長い人生ですから時には相談する相手も見つからず、結果として一時的にお金が足りなくなっても不思議ではありません。よくあるパターンが大学の授業料とか入学金ですね。思ったよりも予算が膨らんだり、子供の事を思うとつい無理をしたりと、こんな場合に銀行などからお金を借りる事があります。でもこの場合には返済計画が成り立っているから借りる訳で。相談すれば問題は通常起こりにくいです。ニトリにカーテンを買いに行こうもご覧ください。