美味しいコーヒーメーカーについて。Melittaのコーヒーメーカーのようにバイメタル方式により、90度以下のお湯をコーヒーの中に落とさない、また真空二重構造のステンレスサーバーがコーヒーの温度を保つということはコーヒーを美味しく飲む上で非常に重要なことのように思います。

 また、パナソニックのコーヒーメーカーのようにシャワードーム方式でコーヒーの粉の上に均等にお湯が落ちるようにしてあるのもハンドドリップに近づける工夫もパナソニックに研究の成果だと思います。余談ですが、このシャワードーム方式ははじめてパナソニックがコーヒーメーカーを作った時から採用されていたものでこれが代々と受け継がれてきているとのこと。最初の方針が間違っていなかったことの証ですね。

 コーヒーにこだわりをもっている知人によると、コーヒーは絶対にハンドドリップだとのことです。しかし、この知人は時間的にも経済的にも非常に余裕のある方で、その余裕のなせる業であるとしか考えられませんので一般的な意見としてはあまり聞かないようにしています。しかし、味や香りの面から考えると最終的にはそうなるのかもしれません。

 しかし、一般的な部分から考えるとカリタ・ハンドミルやハリオ・ハンドミルなどでコーヒー豆を挽いて銅製の先が細くなったポットでゆったりとコーヒーの上にまんべんなく落とすなどということを誰もが出来るわけではありません。忙しい方なら全自動コーヒーメーカーでコーヒー豆と水を入れてスイッチを押したらコーヒーが飲めるくらいのものが便利で助かります。

 我が家は、子供も小さく、仕事も忙しいのでツインバードの全自動コーヒーメーカーを使っています。このようにそれぞれの家庭により事情が違うので選ぶコーヒーメーカーも違うということになります。さらに忙しい方ならドトールコーヒーのドリップパックがおすすめです。これでも充分美味しいと思います。

 出来れば水にはこだわってアクアクララ・ウォーターサーバーなどの水を使えばベターですが、経済的な部分もからんできますので、ブリタの浄水器でも良いように思います。美味しいコーヒーメーカーと言っても各家庭の事情がありますので、一概には言えません。ただ、最初に紹介したメリタのコーヒーメーカーは万人にとっても良いものであるように思います。